脱毛ラボ クーリングオフ

MENU

脱毛ラボでクーリングオフする方法

脱毛ラボに限らず、エステ脱毛を契約すると、クーリングオフが適応されるケースがあります。
クーリングオフとは消費者救済のための法律で、書面で通知することで一方的に契約を解除できるとされています。つまり契約から8日以内なら、理由なしに一方的に契約を破棄できて、支払った費用を全額返金してもらえるのです。そのためには、解約した証拠を確実に残しておくことが重要です!

【クーリングオフ適応の条件】

  • 契約をした日から8日以内(8日目の消印まで有効)であること
  • 契約期間が1ヶ月以上あるもの (← 脱毛ラボの月額制プランも含まれます)
  • 契約金額が総額で5万円以上のもの

【クーリングオフの方法】
客観的な証拠を残すためには、8日以内の消印付きのハガキを出すか、「内容証明郵便」を利用するのがベストです。ハガキの場合はコピーを取って「簡易書留」で出すと、配達もれを防げます。
内容証明便は自分と相手に同じ書類を共有することができる郵便物。「そんな書類は受け取っていません」と言われるのを防ぐことができ、ネットでも簡単に作成できます。

内容証明

 

女性

もし、8日以内に解約したにもかかわらず解約手数料を請求された場合、支払う必要はないのでその旨をしっかり伝えて、万が一差し引かれていたら返金請求をしましょう。

 

クーリングオフは消費者を助けてくれる便利な制度ですが、法律的な手続きを踏まなければならないので手続きがややこしかったり、精神的にストレスを感じる作業です。

 

契約する前には、クーリングオフをしないで済むように、しっかりと内容を把握して本当に自分に合ったプランと確信してから契約することがとても大事です。