脱毛ラボのs.s.c式とipl式脱毛の違い

MENU

脱毛ラボのssc脱毛とipl脱毛の違い

脱毛エステで行われている脱毛の多くが、光のエネルギーを使った光脱毛=フラッシュ脱毛という脱毛法です。
それまでのハリを毛穴に入れて焼き切るニードル法とか、医療機関のレーザー脱毛より、刺激が少ないので肌を傷めないし痛みも少なく、費用も安いので多くの人が利用する要因になっています。

一般の脱毛エステは永久脱毛はできません。一定の期間、ムダ毛が生えにくくなったり、生えてもごく細いムダ毛しか生えないという制毛効果を狙ったもの。永久脱毛を希望する人は、医療機関のレーザー脱毛エステティックTBCのスーパー脱毛がおススメ。

 

では、脱毛ラボのs.s.c脱毛とは、どんな光脱毛なのかをより具体的に紹介します。

 

一般の脱毛エステのipl脱毛とは

ipl脱毛とは、Intense Pulse Light=インテンス・パルス・ライトという特殊な光を使用して行う施術方法。ipl(インテンス・パルス・ライト)が黒色のメラニン色素に反応する性質を利用した脱毛方法で、むだ毛の毛根を壊してムダ毛を生えにくくする効果が期待できます。iplの光と脱毛サロンのオリジナルのジェルを使用し、そのジェルの保湿効果、美肌効果で独自のサービスを提供しているのです。

 

ポイント

ipl脱毛は、ニードル脱毛、レーザー脱毛よりは痛みや肌刺激は少ないけれど、火傷や肌がヒリヒリする、赤くなるといった肌刺激のリスクはあるのが欠点。

 

脱毛ラボのs.s.c脱毛とは

iplを使ったipl脱毛に対して、脱毛ラボではs.s.c脱毛を採用しています。
s.s.cとは、Smooth skin control method=スムーススキンコントロールメソッドの省略。
クリプトンライトという光が、ビーンズジェルというオリジナルの抑毛ジェルに含まれる抑毛成分に反応して制毛効果を発揮する方法。

 

ipl脱毛光のエネルギーで毛根やムダ毛を焼き切って破壊するのに比べ、s.s.c脱毛毛根を破壊せずジェルの抑毛成分で毛根を刺激して細胞分裂をしにくくする方法なので、光のエネルギーは弱くて済み肌への刺激も痛みも少ない。 またオリジナルビーンズジェルには、美肌成分もいっぱい!それが光によってお肌の奥に浸透するから、美肌効果もばっちりなのです♪

 

脱毛ラボ 

s.s.c脱毛は、痛みが少なく制毛効果が高く、効果が長く続くので人気!
この脱毛方法を採用しているのは、脱毛ラボとミュゼだけですが、全身脱毛でミュゼと脱毛ラボを比べると、脱毛ラボがかなりお得なんですね!
ミュゼ 全身脱毛4回(Web予約) 120,296円〜
脱毛ラボ 全身脱毛6回 125,748円キャンペーンでさらに安く。

 

脱毛ラボ 脱毛マシーン

s.s.c脱毛を行うためにはイタリア製のクリプトン社が開発した脱毛マシーンが必要。
この脱毛機は医療用としても使われていて、一般サロンで使用される脱毛機が60〜300万くらいに対して600万もする高級品です。だから日本の多くの脱毛サロンは使っていないんですね。
脱毛ラボは、医療用にも使われる脱毛マシーンを使って、高品質の安全で痛くないs.s.c脱毛で美肌脱毛を低価格で提供してくれています。
※ さらに2015年12月から、スピードアップできる脱毛マシーンを順次導入して、全身脱毛の時間を従来の120分から60分に短縮できるようになりました。

 

女性の全身脱毛も、男性のヒゲ・全身脱毛も脱毛ラボが安心でお得!